2006年01月27日

待ちに待ったこの瞬間

ついに、ついに決まりましたよ!!!




SUPER AGURI F1 TEAM

正式にF1参戦決定!!

    SAF1LOGO.jpg

2005年の時に『年内には発表されるでしょう』なんて言って

ましたが伸びに伸びて年明けの26日にやっとFIAより参戦承認

が下った。

「必要な供託金を受け取り、既存の全チームからの

同意を得たことで、FIAは2006年F1世界選手権への

SUPER AGURI F1の再申請を承認した」とFIAからの発表。

FIAからの発言を見る限りでは供託金の4800万ドルの納金

の遅れが、F1エントリーリストに載らなかったのでは??

との声があがっている。まぁ、どちらにしても3月12日の

初戦、バーレーンGPのグリッドに2台のマシンを置く事が

出来たので結果オーライってことで。。。。あとは注目の

ドライバーラインナップ。佐藤琢磨はもう決まりであとは

契約書にサインをするだけ。残るもう一つのシートは誰が

座るんだろうか・・・最有力候補はこの間ファクトリーで

シート合わせを行ってきた井出有治だろうか。HONDAF1の

サードドライバーとして既に契約済みの

アンソニー・デビッドソンもまだ候補として残っているらしいが

HONDA F1の監督であるニック・フライは『彼とはもう契約済みだ』

としているがどうなるんだろうか。

現在スーパーアグリはファクトリーで急ピッチでマシンの準備を

進めている。元々はB.A.R.HONDAの05年度マシン『007』を流用

して参戦する予定だったがFIAルールで『過去2年以内のマシン

知的所有権の使用は認められない』と言うものがあり、急遽

2002年の途中でF1を去ったARROWSの『A23』を改良させ『SA05』

という車体コードネーム開幕数戦を戦うという。

A23
A23.GIF

かつては高木虎之介も所属していたARROWS F1。ストレートは

速かった印象があるんですけどそれ以外はあまり記憶に

ございません・・・・オリジナルのマシンが完成するまで

の間の『つなぎ』的マシンですから開幕戦からいきなり

トップ争いに入ってくることは多分ないでしょうけど

『純日本チーム』としてトップを目指していってもらいたい

です。そして注目のオリジナルマシンですが、『SA06』の

マシンコードネームでスペインGPからの投入を目指して

SA05と平行して開発を行ってる模様。こちらのマシンは

『ポイント圏内で走れる車になる』と亜久里監督。

いやぁ、ぞくぞくしますねぇ!



幻になった『スーパーバッド(下向き矢印)アグリ』→banner_02.gif
posted by rooper at 19:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。