2005年09月04日

B.A.R HONDA-Back where they belong

いよいよです!!!



B.A.R HONDA の2台、第15戦イタリアGP公式予選にて
バトン・琢磨共に高位置につける。



J・バトン3位jensonB.jpg



佐藤琢磨4位takuma.jpg







逆襲の予感です。


正式にはバトン4位、琢磨5位なのですが予選ポールポジション
を獲得したマクラーレン・メルセデスのキミ・ライコネンが
先日のフリー走行(コースの熟知やマシンのセットアップを
決める為に設けられた時間)でエンジン交換をしたため
決勝グリッド10番降格のスタート。よって2位以降は
全ドライバー一つづつ順位を上げてのスタートとなった。
またもや運に見放されたライコネン。これで何回目だろう。
パッと数字が出てこないくらい多い。非常にもったいない。


このイタリア・モンツァサーキット。年間19戦あるGP中
最高速を叩き出す超高速型サーキット。そのスピードは
360km/hにまで達すると言う。
新幹線にでも乗ってる様な速さなんでしょうがF1だと
地面スレスレを走行してるので体感スピードは実際の
スピードよりはるかに早いハズ・・・・とんでもない世界
にいるもんだ。


B.A.Rにとってはダブル入賞できる絶好のチャンス!!
是非モノにしてほしいところです。個人的には鈴鹿前
に琢磨にはバトンより上の順位でフィニッシュして
もらいたいですね!!



HONDA POWER復活なるか!!?? 決勝が楽しみです。
posted by rooper at 10:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。