2005年09月05日

実は空給油ではなかった!イタリアGP2005

B.A.R HONDAにようやく復活の兆しが見えてきたと
皆思ったであろう。



少なくとも








予選までは・・・・・





人はここまで運に見放されるものなのかと正直おもった。




予選3位のジェンソン・バトン、
そして4位の佐藤琢磨



どちらも表彰台を狙える位置につけていた。
彼等の上にいたのは優勝争いをしている
ルノーとマクラーレンだけ。
HONDA POWERを持ってすればそのどちらかを
喰える可能性すらあった。

しかし結果は無様だった。


バトン8位琢磨16位


悲し過ぎる。まるでストッパーのついてないドミノ倒しみたいだ
発端は一回目のピットストップ。今年からは新レギュレーションで
タイヤ交換は禁じられている(タイヤが危険な状態に陥った場合は
その箇所のみ交換が許されている。しかも給油とタイヤ交換は
同時に行ってはいけない)為給油のみのピットインとなった。
ここでのストップ時間はおよそ8.5秒。そして琢磨に不運が
訪れる。燃料給油をしてピットを後にした直後、琢磨の燃料給油
装置のシステムがエラーのメッセージを表示したのだ。
何kgの燃料が琢磨のマシンに入ったのかが分からなくなったチーム
は琢磨に再給油をする為再度ピットに戻るよう無線で支持を出した。

そして急きょ、チームメートのバトンの給油装置を使う事になり
すぐさま2回目のピットイン。・・・が、給油を再開した途端に
タンクからガソリンがあふれ出た。そう、1回目のピットイン
の時にちゃんと予定通りの給油量が琢磨のマシンに入っていたのだ。

この燃料給油装置は各ドライバーに1台づつFIAより支給されている
ものだが、こいつがまた笑っちゃうくらいよく壊れる。
こいつのせいでレースが台無しになることも少なくない。

予定通りの給油が行われていた上にさらにあふれるくらいの
給油が加わってしまった為車が重くなり、


止まらない、曲がらない、

加速しない



の3拍子揃った仕上がりななってしまった訳で
もう琢磨にはお手上げ状態だったと言う。


そして琢磨に負けない程の不運の持ち主がもう1名。




キミ・ライコネンだ。



今回またしてもGP中のエンジン交換の為に決勝グリッド
10番降格。今年これで3度目だ・・・・
11番手スタートから追い上げを見せていた
最中に左リアタイヤの表面一部が剥がれ落ち28週目に
緊急ピットイン。これで5位まで回復した順位が
また11番手までポジションダウン。そこから脅威的な
ラップを刻みチェッカーまで10周を切った44周目には
4番手を走行するJ.トゥルーリを交わし、3番手の
ジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)に迫る。しかし、
G.フィジケラの背後につけた45周目のロッジアで痛恨のスピン。
結果4位フィニッシュ。全てが予定通りに行けば2位
フィニッシュは可能だったらしい。

が、優勝争いをしているフェルナンド・アロンソとの
ポイントは前戦より3ポイント増え27ポイント差。
次週のベルギーGPでアロンソがライコネンに4ポイント
差を付けてゴールすれば残り3戦を待たずして
2005年度のワールドチャンピオンが決定する。

この後日本GPもあるだけに観戦してる側からすれば
最終戦までもつれこんでほしいところだ。


posted by rooper at 15:58| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(4) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6588320

この記事へのトラックバック

眞鍋さんブログ本感想をTB&F1イタリアGP
Excerpt: ここだけの話はすごい面白かったですし 体調の方はファンとして心配してます それに爪がドクロをモチーフにしてるっていうのが 僕もドクロをモチーフにしたブログを使ってるので 共感するし是非見に来て..
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2005-09-05 18:51

眞鍋さんブログ本感想をTB&F1イタリアGP
Excerpt: ここだけの話はすごい面白かったですし 体調の方はファンとして心配してます それに爪がドクロをモチーフにしてるっていうのが 僕もドクロをモチーフにしたブログを使ってるので 共感するし是非見に来て..
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2005-09-05 18:55

それはないよ・・・(琢磨)
Excerpt: イタリアGPのピットミスは燃料が入っていないのではなく、ピットの判断ミスだと分かった。 1回目の給油を終えて2周後に「燃料が入っていないかも知れない」と無線が入りピットに戻った琢磨。 燃料を入れる..
Weblog: ひとりの独り言
Tracked: 2005-09-05 21:26

燃料はちゃんと入れてよね(琢磨より)
Excerpt: イタリアGPはモントーヤが今季2勝目を飾った。 琢磨は1度目のピットインの際に燃料が入らずに再度ピットイン。 このタイムロスが大きく響き、4位から大きく順位を落とした。 何故か不運に見舞われる琢..
Weblog: ひとりの独り言
Tracked: 2005-09-05 21:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。