2005年09月22日

琢磨、正ドライバーシートの座失う

琢磨、来シーズンのB.A.R

HONDAレギュラーシート失う





21日にB.A.R HONDAは来シーズンは



ルーベンス・バリチェロ
barrichello.jpg






ジェンソン・バトン
button.jpg



に決まった。


昨年はあんなに『僕を成功へと導いてくれるのはウィリアムズであり

B.A.Rではない。 
』とウィリアムズへの移籍を熱望しており

2006年からの移籍契約を交わしてたのにいざ移籍先が不安定に

なったら今度は『B.A.R HONDAに残留したい』と言いふらし始めた。

B.A.Rは何十億単位の金でバトンをウィリアムズの契約ごと買った。

確かにバトンは良いドライバーだと私は思う。けどあまりにも

自分勝手すぎやしませんか?おかげで琢磨は弾き飛ばされる結果

となった訳だ。琢磨も今シーズン結果を残せてないのでそれも仕方ないか。

今の所琢磨を欲しがっているチームは一つもない。残ってるオプション

と言えばまたテストドライバー兼サードドライバー。そして今年から

新たに始まる※A1グランプリへの挑戦。チーム代表の

ニック・フライは『琢磨は優秀なドライバーなのでチームに居て欲しい

みたいな都合の良いコメントを発表した。


これで来期F1シーズンからフル参戦の日本人ドライバーは

いなくなってしまった。琢磨よ、イギリスF3時代のあの余裕ある

走りは何処へ消えてしまった?

一日でも早くまたF1の晴舞台に戻って来て欲しいです。



※A1グランプリ:簡単に言うと国別対抗F1GPみたいなもの。

F1のオフシーズンである秋の終わりから春のは始まりで開催予定

です。






posted by rooper at 01:56| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7180240

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。